上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。

年始のご挨拶をしてから、3週間もブログ更新を放置してしまいました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ネタはあったので、「更新をせねば」と思いつつ、仕事のストレスで
気力がなかったのが理由です。
ご心配いただいた方がおられましたら、お詫び申し上げます。

とはいえ、このブログ、もともとが趣味で始めた備忘録のようなものなので、
「なるべく週に1度の更新を」という位置づけです。
今後も自分のペースでやっていきますので、末永くお付き合いのほどを。

ということで、新年のきちんとした更新記事第1弾として、地下鉄博物館にお邪魔した
ご報告を。

20100111_nozomi_3
... つづきはコチラ
こんにちわ。

年始の三箇日も過ぎて、今日から仕事始めの方も多いと思います。
皆様にとって、今年が良いお年でありますように。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

昨年の初めに、重い腰を上げてこのブログを始めて、
なんとか週一のペースで更新を続けられました。
小学生の頃、夏休みの日記の宿題が[三日坊主]で終わっていた人間が、
一円の利益も生んでいない日記を一年間続けられたのは、
ひとえに、懲りずに覗きに来ていただいている皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

今年は、より[自分らしい]ブログサイトとすべく、内容の整理や
サイト自体のリニューアルを目指し、目下作業に励んでおります。
新しいサイトの公開は、目処が立ち次第ご報告いたしますので、
もうしばらくお待ち下さい。

ということで、いつものように前置きが長くなったが、
自分の備忘録代わりに、年末年始の行動記録。

・12/25(金)
会社の営業は昨年に限って29日までだったが、一部を除いて、この日が
仕事納めとなる人間がほとんどだったため、全体会議と打ち上げが行なわれた。
全体会議は、社長以下役員レベルのプレゼンを聞くだけなので参加したが、
2009年の表彰と2010年の方針を聞いて、打ち上げで無邪気に呑む気になれず、
残った仕事を片付けて、さっさと引き上げた少し寂しい仕事納めだった。

・12/26(土)
この日は、のんちんが新型インフルの予防接種をするので、午前中から奥さんの
実家へ。
注射自体は、あっという間に終わり、奥さんの実家で遅めのお昼を食べて、
自宅に戻った。

・12/27(日)
奥さんが『山手線一周ラン』という仲間内のマラソン企画に参加するため、
暗いうちから出て行ったため、朝からのんちんと二人。
行きつけの美容室で、年内最後の散髪をしてもらい、二人ともさっぱりとした後、
遅めの昼食→奥さんの実家へ移動し、マラソンから帰ってきた奥さんも加わり、
夕食を食べた後、自宅に戻った。

・12/28(月)
のんちんを保育園に連れて行った後は、15時か16時ごろまで、奥さんと二人、
ひたすら大掃除を進めた。
マンションの管理人さんが使っているデッキブラシを拝借してきて、
前々から気になっていたベランダの掃除ができたのが、今回の戦果。

・12/29(火)-12/30(水)
またもや、奥さんの両親と5人で、年末慰労で、いわき湯本温泉へ。
常磐道は行き・帰りとも非常にスムーズで、アクアマリン福島・湯本温泉・
小名浜市場の一泊旅行を楽しむことができた。
後日、顛末をアップしようか、どうしようか(笑)

20091229_nozomi
アクアマリン福島の大水槽前

・12/31(木)
前日、奥さんの実家で夕食を食べてから自宅に戻ったので、のんちんはこの日、
遅めにお目覚め。
残っていた大掃除を終え、年越し準備を済ませて、またもや奥さんの実家へ。
珍しく、紅白歌合戦を真面目に見て、淡々と年を越した。
『ゆく年くる年』を見た後、煙草を吸いに外に出た時の満月が印象的だった。
翌朝の携帯の配信ニュースによれば、[日本史上初・元日の月食?]だったとのこと。

・1/1(金)
『生でさだまさし』を、ビールを飲みながら最後まで見ていたので、8時過ぎにのんちんに
起こされた時は、若干頭が痛んだ。
元日は昼前に奥さんの実家を出て、市川市に住む、義理の祖母(奥さんのおばあさん)宅へ
年始の挨拶に。
船橋駅の東武・西武の両デパートが共に「初売りは2日から」としていたのが好印象。
お店が開いていなければ、わざわざ出向く人もいないし。

義祖母への挨拶後は、奥さんの実家へ戻り、奥さんの親戚を迎えて宴会。
のんちんの同級生が他に二人いるが、少し前までは赤ちゃんだった印象があるだけに、
よその子の成長ぶりに驚いた。
もちろん、のんちんの成長ぶりにも驚かれたが。
子供が4人いて、当初の想定以上に賑やかな新年会だった。

・1/2(土)
前日の深酒を理由に、自分だけ9時過ぎまで二度寝を楽しむ。
昼前に出て、昨年、七五三のお参りに行った道野辺八幡宮へ初詣に。
毎年欠かさないお御籤だが、今年は[小吉]。
普段の自分にあまり関係のないことだけが少し悪い運気のようで、概ね問題ない模様。
八幡様へのお祈りごとは、追々ご報告できるものがあることを願う。
この日、夕食を食べた後、自宅へ戻り、のんちんはお風呂にも入れず爆睡。

・1/3(日)
箱根駅伝の復路を自宅で応援。東洋大の連覇と、出身校である中大のシード権確保を
見届けてから近所のスーパーへ買い物に。
夕食の[鍋]の材料にする真鱈を僕が選んだが、奥さんは他の食材を選びに行っており、
最後の会計で真鱈の値段の高さを怒られた。

で、奥さんの実家でいただいてきたビールを飲みながら、この記事を更新。
仕事始めは5日から。
今年も、ほどほどにがんばろうと思うが、場合によっては、このご時勢の中、転職先探しに動くかも。

年末年始は、こんな感じでした。
よろしければ、皆様の顛末もお教えください。

それでは、今年もよろしくお願い致します。
みなさん、またです。
こんにちわ。

今年も押し詰まってきました。

最近、低炭素ビジネスに関連する本を読んでいることもあり、
COP15のニュースには目を通すようにしていましたが、
「今年は暖冬」と言われていた中、それらしい寒さになったことで、
温暖化が一直線に進んでいるわけでもないような感じを受け、少しほっとしました。
まぁ、長い目で見れば、温暖化が進行していることは間違いないでしょうが。

COP15で合意した内容については賛否両論ありますが、
個人的には中国の交渉姿勢に「呆れつつ、関心しつつ」でした。
世界2位温室効果ガス排出をしていながらも、国益を最大限に確保するやり方には、
よく言われる[中華思想]の影を感じましたが、外交の場で自国の利益を得ようとすることは
当然のことであり、あの国の指導部が一貫した立場で会議に臨んでいることが分かりました。

また、会議の結末を踏まえ、民主党の数少ないブレーンである寺島 実郎さんが
『報道ステーション』で「国境を越えた問題であるのに、国別に議論をするやり方に限界がある」
と指摘していたのが、非常に印象的でした。

さて、毎度のごとく前置きが長くなったが、今日の「この曲!」は、
もうすぐクリスマスということで。

2009年の今では、[伝説]と言い切っても恥ずかしくはないと思う。
全く予備知識の無い方は、己を恥じることもなく、コチラが詳しいのでどうぞ。
... つづきはコチラ
こんにちわ。

各地で雪が降る中、東京周辺だけが快晴の週末で、
天気予報を見ながら義父は「なんか申し訳ないなぁ」と
ほろ酔いの赤い顔で言っておりました。
その気持ち、僕も同感でした。

今日は[隙間記事]的な写真日記。

20090920_nozomi

9月末の『シルバーウィーク』に帰省した際、東京駅で撮ったもの。
今更だが、この『シルバーウィーク』という名前、「センスないな」と思ったのは
僕だけだろうか。
撮った時間帯の関係で、500系の鼻の部分に光が当たりすぎているのはご容赦を。

天気が良かったので、東西線を日本橋で降り、さくら通りを歩いて東京駅まで行ったが、
乗る電車が入線しておらず、偶然、隣のホームに500系がいたので、のんちんを誘って
16号車の前でパチリ。

この当時でも東京駅に来る500系は数少なかったと思うが、やはり同じように子供を立たせて
パチリとやっているお父さんが多かった。
電車にはあまり興味がないうちの奥さんでも、500系を見るといつも、「かっこいい」と言っていたが、
改めて写真を見ると、やはり男前だ。
結局、1度も東海道区間で乗れなかったのが、残念。

山陽区間でローカル運用に使われているのは非常にもったいない気がするが、
もともとJR西日本が単独開発した車両だし、0系も最後まで使われたのは山陽区間だったので、
500系も山陽区間で長く愛されることを祈念。
そのうち、ぶらりと山陽区間まで行きたいものだ。

でわ、みなさん、またです。

★12/23追記 「のぞみ3種」というタイトルに疑問を持った方へ。

「写真では、500系とN700系の2種類しか写ってないぞ」という感想をお持ちの方が
いるかもしれないので、補足。
実は、のんちんが「のぞみ」という名前(実際は漢字表記)なので、[3種]なのです。

以上。
こんにちわ。

野球界は、言うまでも無く、すっかりストーブ・リーグですが、
松井秀喜選手はどこへ落ち着くのでしょうかね。
昨年の井口に続き、城島・斉藤も出戻りが決まりましたが、
松井は阪神に決まったりして。

で、わがドラゴンズでは、ドラフト6位指名の諏訪部が迷った挙句、
入団拒否となり、新入団選手発表があった。
落合監督の「3月に一軍にいる選手もいるかもしれないが、まずは
自分のことだけを考えてくれて結構」という趣旨のコメントは、
自身の現役当時の信条そのもので、改めて「ぶれない人だな」と思った。
それが良いか悪いかは、それぞれの立場で意見が分かれるところだが。

先月、こちらでも取り上げた「背番号3は森野へ」という顛末は、
森野自身の判断で、来季は背番号3を球団へ返上することになった。

やっぱり、「背番号3」の重みを感じたのだろう。
球団側も森野の意思を汲んで、今季は欠番にするのだそう。
それだけ、立浪の存在が大きいということになる。
功績の偉大さは誰もが認める所だが、この顛末を当の立浪がどう思っているか興味深い。
どなたかご存じないだろうか。

ま、来季も、のんちんは「TATSUNAMI 3」のジャージで球場入り予定だが(笑)

でわ、みなさん、またです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。