上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.04 七五三、本番
こんにちわ。

昨日、文化の日は、木枯らしが冷たい1日でしたね。
天気が良かったのが救いでした。
このまま冬に突入していくと思うと、気が重くなります。

あられ家は昨日、のんちんの曾祖母、つまり、奥さんの
おばあちゃんが来られ、のんちんの七五三のお祝いでした。
今年88歳になる義理の祖母(こんな表現あるのか?)と、
3歳になったのんちんとの年齢差は、
いつも、「人1人が一生を終えてもおかしくないなぁ」と考えてしまいます。
血のつながりは無いにしても、まだまだ元気な義理の祖母には、
長生きをしてほしいものです。

前置きが長くなったが、タイトルは週末にあられ両親が名古屋から遊びに来て、
七五三のお祝いをしてくれた話。
土曜にこちらに来て、奥さんの両親も加わった宴会をした翌日、
奥さんの実家がある鎌ヶ谷市の道野辺八幡宮にお参りに行った。
当日は良い天気だったが、「夕方から雨」の予報が出ていたので、
我々一行が着いた時には、既に他の七五三参拝客でごった返していた。

以下、当日の写真。
のんちんは、着物での写真撮り(そのときの記事はコチラ)を終えていたので、
前述した88歳になる義理の祖母が、奥さんや奥さんの従姉妹の七五三のために
もう30年も前に手編みしたお召し物で出かけた。
30年以上前の編み物とはいえ、義理の祖母宅で丁寧に保管していたため、
非常にキレイで、デザインもまったく古びておらず、こう言っては何だが、
安っぽい着物を着た子より目立っていた。(失礼!)

20091103_753_1

20091103_753_2

20091103_753_3

道野辺八幡宮は、のんちんのお宮参りをした所縁のある神社だが、
3歳になったのんちんを見て、「大きくなったなぁ」と少し感慨。
子供の成長が早いのを改めて実感した1日だった。
また、7歳で2度目の七五三をやらねばならぬようなので、
女の子はお金がかかる…

でわ、みなさん、またです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kanayan23.blog53.fc2.com/tb.php/38-4268c689
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。