上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。

義務感で趣味に取り組むのは嫌なことだが、
自分で公言したことなので、何とかすることにする。

ということで、既に梅雨入りしたにも関わらず、
5月の連休ネタの落穂拾い(苦笑)
日帰り銚子電鉄の後半。いきなり、この画像から。

20090430_choshi_07
外川漁港から、犬吠埼灯台へワープ。
オレンジの帽子がのんちんだが、のんちんが小さいせいで、
遠近感を無視した感じになってしまった。

時系列に沿って行動を説明すると、漁港から外川の集落へ戻り、
目に入った郵便局で久しぶりの旅行貯金をしたら、銚子行き電車が
発車した直後。
仕方なしに、眠くてグズりだしたのんちんを抱っこで、犬吠崎まで歩き、
灯台そばのお店で‘がっかり地魚丼’を食べた後、灯台周辺の散歩に至った。

この後は、もちろん、犬吠駅へ。
行きしの電車で通ったが、駅舎の‘場違いさ’に少し驚きつつ、同時に微笑ましく思った。

20090430_choshi_08

駅では、電車の時間まで30分ほどあり、お買い物タイム。
奥さんは、実家へのお土産にする銚電オリジナルの佃煮などをお買い上げ。
他にもおばちゃんのグループなどで、なぜか大盛り上がりだった。

20090430_choshi_09

お買い物で盛り上がる奥さんを放し飼いにして、のんちんと駅前のスペースへ。
カラフルに色づけされた車輪のオブジェにのっかって、ハイチーズとしてみた。

20090430_choshi_14

やはり、観光のおばちゃんで混雑する上り電車で、のんちんのみ、おばちゃん達の間に
割り込んで座らせてもらい、降りたのは仲ノ町駅。

20090430_choshi_11

僕のお目当ては、入場券を買えば見学可能な車庫だったが、‘非鉄’な2人の手前で
わがままは許されるわけもなく、ヤマサの醤油工場へ直行。
電車を降りてから予約の電話を入れるという荒業によって、本日最終組となる
工場見学ツアーに仲間入りさせてもらった。
↓の写真は、工場内の横持ちに使っていたドイツ製ディーゼル機関車ということ。

20090430_choshi_12

広い工場内を歩いて移動するので、のんちんにも少し疲れが見えたが、
案内係の女性社員や、一緒の組で見学した皆さんの優しさに甘えさせていただき、
結果的にはのんちんの歩くペースに合わせて、ゆっくり見学できた。
のんちんも、醤油のボトルが流れるラインの場所では「あそこ、お醤油がガタガタ
なってるよ」など、色々と楽しめたようで、銚電の車庫見学を選択しなくて良かった。と
無責任に感じた次第。

20090430_choshi_13

工場見学後は、徒歩で銚子駅へ。これで、日帰り銚電巡りも終了。
駅前交差点で昭和の佇まいを残す、その名も『待合室』という喫茶店で一休みした後は、
車でウオッセ21へ。
既に閉店間際だったが、銚子へ来て、とある名物である「カレーボール」を買わずに帰る訳には
行かなかったのが、その理由。

お店の名前は、あえて表に出したくないのだが、
どうしても知りたくば、メールでその旨をお申し出あれ。

というわけで、この後は、普通に高速で直帰したので、日帰り旅行の顛末はここまで。
やっと、肩の荷が下りた。
車で犬吠埼まで往復することばかりだった身には、月並みな表現だが、非常に新鮮だった。
「お父さん、勝手にあそびに行ってきて」と言われるようになったら、銚子漁港の昼酒を
楽しみに電車で行くことにしよう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kanayan23.blog53.fc2.com/tb.php/21-ce9daa82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。