上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。

桃源郷マラソンのエントリーを、やっと片付けて、
連休ネタに移ろうとした所で、清志郎さんが亡くなったという
ニュースが飛び込んだ。

その夜、いまでは伝説となっている「Merry X'mas Show 1986」の
『Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)』をYouTubeで見つけたので、
ダウンロードして楽しんでいた。
まだ若く、好き放題やっていた化粧の濃い清志郎さんも出演していた。
動画を見終わった直後に届いた訃報だっただけに、しばし、言葉が無かった。

RCサクセション時代から、自腹を切って清志郎さんの曲を聴いたことが無く、
悲しみにくれるほど、思い入れが無いのは確かだ。
しかし、物心ついた時からテレビで歌う姿を見てきて、自分とは異なる方向性ながらも、
その生き様に関心を寄せてきた。清志郎さんの歌う声に惹かれてきた。
同じドラゴンズファンではあるが、それは、大したことじゃない。

高校の文化祭の時、1学年上の先輩が、『雨上がりの夜空に』をアコギで歌っていた。
当時、エレキギターを買ったばかりで、必死にサザンをコピーしようとしていたが、
コードもろくに覚えていない身に、リードギターのコピーは非常にハードルが高く、
アコギの弾き語りが、妙にカッコ良く映った。

あれから、15年以上経ち、サザンのコピーバンドでリードギターをやることもなく、
最近では忙しさを理由にギターにさえ触れていない。
清志郎さんがガンの手術をしたことは知っていたが、1度は復活して、NHKの番組で
歌っている姿を見てから、すっかり安心して、気に留めていなかった。

月並みだが、ご冥福をお祈りします。

でわ、みなさん、またです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kanayan23.blog53.fc2.com/tb.php/18-10a3b2ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。