上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。

野球界は、言うまでも無く、すっかりストーブ・リーグですが、
松井秀喜選手はどこへ落ち着くのでしょうかね。
昨年の井口に続き、城島・斉藤も出戻りが決まりましたが、
松井は阪神に決まったりして。

で、わがドラゴンズでは、ドラフト6位指名の諏訪部が迷った挙句、
入団拒否となり、新入団選手発表があった。
落合監督の「3月に一軍にいる選手もいるかもしれないが、まずは
自分のことだけを考えてくれて結構」という趣旨のコメントは、
自身の現役当時の信条そのもので、改めて「ぶれない人だな」と思った。
それが良いか悪いかは、それぞれの立場で意見が分かれるところだが。

先月、こちらでも取り上げた「背番号3は森野へ」という顛末は、
森野自身の判断で、来季は背番号3を球団へ返上することになった。

やっぱり、「背番号3」の重みを感じたのだろう。
球団側も森野の意思を汲んで、今季は欠番にするのだそう。
それだけ、立浪の存在が大きいということになる。
功績の偉大さは誰もが認める所だが、この顛末を当の立浪がどう思っているか興味深い。
どなたかご存じないだろうか。

ま、来季も、のんちんは「TATSUNAMI 3」のジャージで球場入り予定だが(笑)

でわ、みなさん、またです。


スポンサーサイト
こんにちわ。

先日、第1報を受けて短くアップした件を詳しく掘り下げようと思う。

まず、背番号3が永久欠番とならなかったことに対し、残念に思った理由。

1.帰省中、9/25にナゴヤドームへ遠征した際、ドームの目の前で繰り広げられていた
署名活動が盛り上がっており、自分も賛同したことで、永久欠番化を期待する気持ちが
自分の中で割合を占めていたこと。

2.「ドラゴンズの背番号3」と考えたとき、‘立浪以前’がすぐに思い出せないほど、
立浪選手のイメージが大きく、受け継がれる選手が想像できなかったこと。

それで、立浪選手以前の「背番号3」を考えてみた。
... つづきはコチラ
こんにちわ。

久しぶりに携帯から小ネタをアップします。

会社の昼休みに中日スポーツのWebサイトで、立浪選手から森野選手へ受け継がれる記事を見た。

ナゴヤドームで、永久欠番化を求める運動に署名したので、少し残念。

この件はまた詳しく。

でわ、みなさん、またです。
2009.10.18 CS第2戦、勝利
こんにちわ。

今日は、またしてもよい天気の船橋でした。

非常に私事ですが、2年間努めたマンションの組合理事長の役目を
今日の総会で後任の方へ引き継ぐことができました。
いやぁ、終わってみればあっという間でしたが、色々な経験を
させていただきながらも、なかなかしんどい2年でした。

で、CS第2戦の話を。
我がドラゴンズが、辛くも1点差で勝ってくれた。あ~良かった。

吉見クンが粘りのピッチングで8回まで頑張ってくれたのが、最大の勝因。
打つ方では、荒木の決勝打がクローズアップされていたが、それは当然として、
打順をシーズン通りに戻したこと。突っ込んで言えば、昨日の試合までで、
あまり機能していなかった「6番・谷繁」をシーズン通りに8番にしたことで、
打線としての繋がりが戻ったこともポイントだったと思う。

いずれにしても、首の皮一枚で第3戦に持ち込むことができた。
明日はテレビ応援ができないだろうが、燃えよドラゴンズ!

... つづきはコチラ
こんにちわ。

今日の船橋は、曇りベースでした。
だんだん気温が下がってきたのを実感しています。
さすがに、短パン・Tシャツで外に出ると、肌寒いです(笑)

自分でも予想外だが、2回続けてドラゴンズの話。
今日からスワローズとのCS第1ステージが始まった。
結果は、タイトルの通り(涙)

今日は、先発のチェンが7回表、またしてもデントナに
打たれて逆転されたのが1番の敗因。

でも、それ以上に僕ががっかりしたのは、再逆転がかかった場面で
井端が林に対して、さんざん粘ったのに、明らかなストライクを見逃して
三振に終わったこと。

確か最後はストレートだったと思うが、井端の読みと異なったのかもしれない。
しかし、見逃し三振だけは最も井端らしくなかった…

明日は、先発が吉見クンだろう。
負けるわけにいかないので、意地を見せて欲しい。

ということで、今日は歴代の「燃えよドラゴンズ」をBGMに書きなぐってみました。
全国のドラキチ仲間さん、明日も頑張りましょう!

でわ、みなさん、またです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。